辛味と投資の3つの共通点

MKJ_popnasyokubutu_TP_V4.jpg

はじめに


私はまともに投資を始めて2年ほど、若気の至りで買った山一の株(この記事参照)を強引に含めてもせいぜい20年程度の投資歴です。

しかし、良く考えてみたら、もっとキャリアが長いものがありました。

辛味です。

物心ついたときには辛味に親しんでいたので、辛味歴はかれこれ30年以上にはなると思います。

というわけで、今回は初心者向けに辛味の親しみ方を書いてみたいと思いますが、考えてみると驚くほど投資に似ているような気がします。

1.環境の影響は大きい


よく、投資を始めるきっかけとして、親の代からやっていた、周りがみんなやっていた、などの環境の影響が挙げられますが、辛味習慣も環境の影響が大きいように思います。

上に書いたように、私が辛味に親しみ始めたのは10代、あるいはそれ以前で、もうきっかけはほとんど覚えていません。

親の影響はそれほどではありませんでしたが、私の住んでいた街には辛味の店がたくさんあり、小さい頃から辛味に親しんできました。

高校の部活に入って初めて先輩におごられたのが辛味の店で、10倍・20倍…のカレーを出すところでした。

…泣きながら食べました。

中学までの自分は辛いものが得意だ、という自尊心が一気に打ち砕かれました。

しかし、不思議なもので、1年も経つとすっかりこの辛さに慣れてしまい、今度は上級生として新入生を辛味の店に連れて行ったりします。

このときには新入生と圧倒的な差がついているのです。

このような原体験があるためか、タイ旅行に行ったときも、普通に辛味を楽しめ、タイの留学生と辛味を語り合い、ときにはタイ人が辛くて食べられないというものを平気で食べられるようになりました。

これもすべて私が生まれ育った環境では当然のことです。

逆に言えば、少しずつ慣れていけば、長期的には辛味好きになることは決して珍しいことではありません。

注1: 実際、部活の同窓会があったとき、老若男女問わず、みんな辛味を平気で食べていました

注2: タイ人も子どものころは辛味が苦手ですが、少しずつ慣れて最後は平気になるようです。逆に、タイ人でも都会育ちでファーストフードばかり食べている人には辛味が苦手な人がいます

2. 自分を知り、徐々に慣れることが大切


投資において、目的が不明瞭なままで、リスクを考えずに一攫千金を狙ったり、短い間にスタイルをころころ変えたりすることはあまり望ましいことではないでしょう。

同様に、辛味は、辛ければいいというわけではなく、自分に合った辛さを楽しむことが大切です。

「自分の辛味許容度を知ろう」
「最初は少量からスタートして、少しずつ量を増やそう」
「コツコツ続けて徐々に慣れよう」
「調子が悪いときは休むのも辛味」

など、どこかで聞いたことがある(笑)フレーズはそのまま辛味にも当てはまります。

最初は、自分がどれくらい辛味に耐えられるか分からないので、少しずつ量を増やしながら限界点を確かめることが肝心です。

たとえば、辛いラーメンで有名な蒙古タンメン中本なら、以下のページにも書かれているように、最初はほんのちょっと辛い程度の味噌タンメン、辛味に覚えがある方でも蒙古タンメンぐらいから始めて、少しずつ慣れていくのが鉄則です。

蒙古タンメン中本メニューのご案内(蒙古タンメン中本公式ページ)

たまに許容度を超えて狼狽してしまうこともありますが、そういう場合は一気に辛味を止めてしまうのではなく、辛味の量を一段階抑えてコツコツ食べ続けることが大切です。

辛味で失敗する人のほとんどは、これくらいで行けるだろう、と許容度を考えずにいきなり辛いメニューを肝試しのように試し、そこで懲りて「自分は辛味に向いていない」「辛味はギャンブルだ」と言って二度と近づかなくなるというパターンです。

先日、「マツコの知らない世界」で辛口麻婆豆腐が取り上げられ、アマゾンでは品切れを起こしたり、本来の3倍以上のプレミア価格で売られていたり、とちょっとしたブームになっていましたが、あまり辛味が得意でない方がいきなり上級者向けの商品に手を出して懲りてしまい、二度と辛味に目を向けなくなったりしないかと老婆心ながら心配していました(出演者の方のウェブサイトにはこのあたりのことはきちんと書いているのですが)。

特に、辛味許容度は体調(寝不足、胃腸の調子、疲労など)の影響も受けますので、くれぐれも自分の許容度を超えた辛味は禁物です。

ある程度辛味に慣れると、舌は完全に耐えられるのに内臓が辛味に耐えられないという瞬間が来ますが、それは健康な証拠です。

そういうときはあまり無理をしない方が良いでしょう。

実際、私も今日はあまり調子が良くないな、と思うときには普段2さじ入れている辛味を1さじに抑えるなどのリバランスを行っています。

この辺りのリスクコントロールも長期に渡って辛味を楽しむときのコツです。

3. 世界に目を向けることも大切


特にインデックス投資では、日本だけではなく、世界に目を向けることが大切だと言われます。

日本だけ見て将来を悲観している間に、世界経済が発展し続けていることも少なくないからです。

同様に、辛味が苦手だという方は世界に目を向けるとよいかもしれません。

たとえば、日本の唐辛子として代表的な「鷹の爪」とタイ料理によく使われる「プリック・キーヌー」を比較すると、前者の方がマイルドだが持続する辛さなのに対して、後者は一瞬の辛さは強いもののすっと引く(あまり後を引かない)辛さです。

したがって、前者のイメージだけで辛味を捉えてしまうと、せっかく自分に合った辛味があるのにそれを楽しめない恐れがあります。

また、下の図を見ていただければ、世界には様々な辛さ(スコヴィル値という数字で表されます)の食べ物、様々な辛味料理があることがわかると思います。

世界の唐辛子と辛い料理の辛さをわかりやすく図示した画像(Gigazine)

トムヤムクンの辛さ、キムチチゲの辛さ、麻婆豆腐の辛さ、インドカレー、メキシコ料理、トルコ料理、イタリア料理の辛さはそれぞれ違います。

辛さが苦手だ、という方は、一つの辛さに集中投資するのではなく、いろいろな辛さを試しながら、自分に合ったスタイルを見つけていくことを強くお勧めします。

逆に、すでにある程度辛味に親しみがある方でも、世界まで目を広げることにより楽しめる辛味の幅が広がることでしょう。

ちなみに、日本ではワサビの辛さと唐辛子の辛さはあまり区別をしませんが、実は両者の成分は全く別で、一般に辛味に強いイメージのタイ人にもワサビが苦手という人は少なくありません。

つまり、もしあなたがワサビは平気だが唐辛子は苦手だと感じていたとしたら、単にあまり親しみがないから食わず嫌いなだけ、という可能性もあります。

これだけ広い世界には、あなたに合った辛味があるはずです。

日本だけに目を向けるのはもったいないと思いませんか?

まとめ


辛味は、環境の影響が大きいことは確かですが、自分を知り、リスクをコントロールしながら少しずつ慣れていくことで誰でも楽しめるようになります。

その際、日本だけではなく、世界の辛味に目を向け、自分に合ったスタイルで少しずつ量を増やしていくのがうまくいくコツです。

「俺はあんなに辛いものを食べた」

という発言をツイッターなどで見ると、もっと辛味を増やさなければ、とついつい焦ってしまうかもしれませんが、一番大切なのは、自分に合った辛味を楽しむことです。

少しずつ辛味を増やしながら、お互いに人生を豊かにしていきたいですね!

※上にも書いたように、感じ方には個人差が非常に大きいため、辛味も投資もあくまでも自己判断でお願いします。

【辛味レビュー】陳麻婆豆腐

20171105135547023.jpg

はじめに


辛味はいいですね。

というわけで、この前アマゾンで買った辛味3人衆(上記写真)の中の陳麻婆豆腐を行ってみることにしました。

陳麻婆豆腐とは


陳麻婆豆腐とは、先日の「マツコの知らない世界」でゲストの藤崎涼さんが麻婆豆腐の素ベストワンに選んでいたヤマムロの商品です。


これは美味しそう、と、番組放送中にアマゾンで購入しかけたのに、送料無料になる組み合わせを探しているうちに売り切れ、その後は

定価(600円程度)を大幅に上回るプレミアムがついた価格

で取引されています。

数か月を経て沈静化したと思ったら、また2倍以上の価格がついていますね。どうぞご購入の際にはご注意ください。

まさに美人投票!バブルですね(言ってみたかっただけです)。

※ちなみに、番組の収録の様子は以下の藤崎さんのブログ記事に書かれています。

麻婆豆腐だー!(ドラマー涼の激辛ブログ『Eat with fire!』)

説明書きを読むと


裏の説明書きを見るとこんなことが書いています。

20171108204618862.jpg

「本格四川料理 辛さの度合い大辛」と赤字で書かれていますね。

さらに、原産国には「中国・四川省・成都市」と辛味の本場の名前が記載されており、期待できそうです。

「※辛さに敏感な人やお子様は十分に注意してお召し上がりください」という記載もありますが、これはお約束ですね(製造者責任の辛味もとい絡みなのかもしれませんが、たいして辛くないものにもこういう文句はよく書かれています)。

作ってみる


さて、それでは作ってみます。

20171108204621b62.jpg

これがペーストと花椒粉の袋。

この油が多い感じが本格四川料理って感じでいいですね!

とりあえず、ひき肉とショウガ、ニンニク、ネギを炒めて、陳麻婆豆腐の素を入れます。

20171108204620d65.jpg

しばらくかき混ぜて、花椒粉をかけると出来上がり。

20171108203501f1c.jpg

説明書には水溶き片栗粉を入れろと書いてありますが、味が鈍くなるし、手元になかったので省略します。

食べてみる


いよいよ食べてみます。

…モグモグ。

…モグモグ。

…モグモグ。

油の多さと、多様なスパイスの味は、確かに本格四川の味ですね。

…モグモグ。

…モグモグ。

…モグモグ。

あれっ、意外と辛くない…。

…。

…。

…。

上述の藤崎さんは、私が食べられるかどうか微妙なレベルの辛味も試していらっしゃる方なので、お奨めされた麻婆豆腐もそのクラスかと思っていましたが、私のつくり方が悪かったのか、どうも十分な辛味の発揮はできなかったようです。

これはLEE30倍より辛くないかなあ。

…美味しいのですが、辛くて食べられないというレベルでは到底ないので、正直言ってかなり落胆しました。

四川料理ってもっと辛いよねえ…。

隠し味に辛味を入れるのがおすすめ


「マツコの知らない世界」では、新しい麻婆豆腐が出るたびに藤崎さんが片っ端から一味唐辛子を振りかけて食べているのが印象的でしたが、実際に陳麻婆豆腐を食べてみるとその意味が分かりました。

これ、デフォルトでは全然辛くないです。

むしろ、唐辛子を振りかけて真っ赤にするくらいできっとちょうどいいのだと思います。

今回は、手持ちのサドンデスソースも、ジョロキアパウダー(一番上の写真の左端)も封印しましたが、もしかしたら積極的に入れた方が美味しいのかもしれません。

うーん。不完全燃焼だなあ。

この商品には麻婆豆腐の素は計4袋入っていますので、後日、もうちょっと辛味を入れた状態で再度作ってみたいと思います。

※辛味の感じ方は人それぞれですので、辛味も投資も、くれぐれも自己判断でお願いします。

LEE30倍を食べてみた

20171105135427beb.jpg

はじめに


以前、LEEの20倍は食べたことがあったのですが、今回、陳麻婆豆腐と一緒にアマゾンでLEE30倍を購入(下写真参照)して食べてみたので報告します。

20171105135547023.jpg

予想どおり辛さはマイルド


私が購入したのは、以下のいわゆる2017年版です。


アマゾンのレビューによると、

我々がこの商品に求めるのは「食べるんじゃなかった」と言わしめるほどのスパイシーな辛さです。まったくその要求に応えるだけの辛さの質ではありません。(上記商品ページのレビュー)

激辛のわりにマイルドです。汗はじわりじわりとでますが、期待外れでした。(上記商品ページのレビュー)

とあるので、なんとなく予想していたのですが、味は結構マイルドでした。

食べる前には、さすがに30倍は辛いんじゃないかと思って、こんなツイートもしましたが、
正直言って、私には先日食べた20倍との違いが分かりませんでした(笑)。

私は、蒙古タンメン中本の冷やし味噌ラーメンは水なしだと厳しいのですが、これは全く水を(他の液体も)一切飲まずに完食しました。

辛味が引くのも早くて、激辛というよりいわゆる中辛クラスというのが正確だと思います。

先日食べたLEVEL7 エゾシカカレーよりも1,2段マイルドな感じですかね。

味はなかなか


それでは、全然美味しくないのか、というとそんなこともありません。

おそらく唐辛子の辛さは控えめですが、ほかのスパイスは豊富に入っていて、コクもあるので、辛味がそれほど得意ではないが、ちょっと辛めの洋風カレーが食べたいという方にはおすすめできそうです。

実際、アマゾンのレビューでも絶賛されている方もいらっしゃいます。

ここ数年、レンガ色のカレーや限定販売のカレーなど、企画者を直ちに懲戒免職させるべき商品が続いていた。
昨年の15倍は山椒が強すぎて、鰻重が食べられない貧困に気づかされ泣きながら食べた。
そして今年、2017年。
箱に写されたカレーはレンガ色でなく、ちゃんとターメリック(う○こ)の色彩だ。
フライドガーリックは好きだよ。期待できそうなLEE 30倍だ。
実食してみる。
うまい。昔感じた、辛さの奥から引き出される旨み。
何もいらない、45倍にする必要もない。グリコ会心の一作。
季節限定解除するべき域に達している。
長い間、待たせやがって、グリコめ。こんな傑作カレーを隠していたなんて、ひどいじゃないか。
ひょっとしたら、昨年までの企画者は北極支店にでも左遷されたのではないかと思う。
戻ってきて、白いLEEカレーとか白熊肉入りカレーとか販売するなよ、頼むから。
とにかく、2017年LEE 30倍は旨い。買いだめした者勝ちだ。賞味期限は再来年まであるぞ。(アマゾン商品ページのレビュー


まとめ


LEE30倍 2017年版はマイルドで味わいのある中辛くらいの辛さのカレーです!

どうぞご賞味ください。

くれぐれも、辛味は自己判断で。

<余談>

上のネタツイートを書いているときに、LEE10倍がないのを不思議に思っていたのですが、LEE10倍は普通に存在していたのに、単に私が認識していないだけのようでした(笑)。

なお、期間限定などでLEE15倍や特別な辛味を入れてLEE45倍相当にできるLEE30倍も売られていたことがあったようです。

以下のブログも参考になりますのでご覧ください。

LEEの辛さ30倍カレーはココイチの10辛とどっちが辛いか比較してみる。(名古屋美味巡礼)

診断メーカーを作ってみました!

CKL_kaunta-ninarandaosake_TP_V.jpg

診断メーカーと言えば、性格診断みたいなものをやってくれてすぐに結果が分かり、ツイートもできるサービスですが、この度、1つ作ってみました。

きっかけは、以下のツイートでした。

これで自分を○○×△△で表現するというアイディアが浮かんで来ました。

診断メーカーを作るのは大変なのかなと思って調べてみたら、以下のサイトで分かりやすく解説しており、かなり簡単にできそうだったのでやってみることにしました。

診断メーカーを作って遊んでみた。ついでに診断メーカーの作り方も解説するよ!(鳥取遊戯)

じゃじゃーん!!

以下のURLが作成した診断メーカーです。


あなたを掛け算で表現します(診断メーカー)


リンクをクリックすると以下の画面が出ます。

診断メーカー

上記の画面から名前を入力すると、以下のように結果が表示されます。

診断メーカー2

私の場合は「冷やし味噌ラーメン×銀河高原ビール=すいさく」となりました。

辛味ブログらしく(笑)、前半は基本的に辛いもの、後半はお酒(ビール・ウィスキー)しか出てきませんが、今のところ580通りの変化が楽しめ、日替わりで結果が変わりますので、ぜひブックマークに入れて毎朝実行していただければ幸いです。

つまみとお酒がなかなか決まらないというときにきっとすっきりと決まりますよ(多分)。

なお、もうちょっと真面目な(?)投資系の診断メーカーで遊んでみたいという方は、アウターガイさんが作られた以下の診断メーカーがおすすめです。

あなたの投資家プロフィール: プロフィール風の診断結果を表示します。
あなたの資産運用アドバイザー: ロボ・アドバイザー風の診断結果を表示します。
あなたの投資家レベル: テスト結果風の診断結果を表示します。

これらは以下のアウターガイさんの記事でも紹介されています。

診断メーカーで作ったお遊びのご紹介(バリュートラスト)

【速報】LEVEL7エゾシカカレーを食べてみた

fc2blog_20170825213446797.jpg

以下のツイートで、LEVEL 7エゾシカカレーのことを知りました。
これは、北海道のサロベツ国立公園がある豊富町のサロベツベニソンで販売しているカレーで、なんと、エゾシカの肉が入っているというジビエ好きには見逃せない商品です。702円(税込)。

辛いものはあまり得意ではない私ですが、LEVEL7という辛さはどれくらいかという怖い物見たさもあります。

缶には「挑戦する鹿(シカ)ない!!」と書かれていたので、思い切って通販で注文してみました。

箱を開けてみると、こんな感じで届きます。クール便なので凍っています。
fc2blog_2017082521521158d.jpg

缶も一緒に入っていますが、脂が分離しているため、常温で一日ほど置いた方がいいようです。

「ゲキカラ シカ」の文字に心が躍ります。
fc2blog_20170825215932713.jpg

こんなかわいいマスコット(豊富高校の生徒が考案したキャラクターのようです)も描かれています。
fc2blog_201708252203208b4.jpg

鍋に開けるとこんな感じ。
201708252136503af.jpg

しばらく熱を通すととろみが出てきます。
20170825213650407.jpg

盛り付けたところ。意外とルーが多いのでちょっと失敗しました。
20170825213650713.jpg

カレーと言えばビール、ビールと言えばIPAということで、グランドキリンを奮発しました。
2017082521365010b.jpg

さて、一口食べただけで口から火が出るという噂もあったこのカレーですが、どうでしょう。



モグモグ…。




モグモグ…。




あれ、口当たりはスパイシーですが、思ったほど辛くありません。

後味はどちらかというとマイルドで、甘みを感じます。

ビールは飲んでいましたが、水は必要なさそうです。

砂糖や脱脂粉乳、チャツネが入っているようなので、そのあたりでコクを出しているのでしょう。

いわゆる激辛商品は辛いだけで味がないものが多いですが、これは結構まじめに作っています。

目玉のエゾシカは高価なためか残念ながらあまり量は多くありませんが、歯ごたえがあり、赤味の肉を感じられます。

最後の方は辛味が蓄積してきてそれなりの辛さになり、汗もかき始めましたが、これくらいなら、辛いものが苦手な私でも何とか食べられます。

名前だけ激辛の商品が多い中で、それなりの辛味と旨みを感じられるこのカレーは個人的にはなかなか好印象を持ちました。

辛い物を食べているときは刺激で無我夢中ですが、いざ食べ終わると、もっとこの瞬間が続いてほしかったのに、と一抹の寂しさを感じます。

その余韻を楽しみながら、最後にスーパーで買ってきたカットスイカで口直しをしました。

今回はほかにもソーセージを2種類買いましたが、カレーがこれなら、かなり期待できそうです。

送料は千円強(場所によります)かかりますが、代引で簡単に注文できるので、興味がある方はぜひお試しください。

サロベツSUPER激辛カレー 190g商品ページ

※なお、辛さの感じ方には個人差がありますので、くれぐれもご無理はなさらないでください(一応「激辛につき体調にご不安な方、お子様、辛い味が苦手な方には、お勧めできません」と書かれています)。

私も、舌は全く問題ありませんが、胃腸が耐えられるかどうかには自信がありません。
→大丈夫でしたが、腹の中が熱く感じ、夜中目が覚めました(笑)。

投資も辛味もくれぐれも自己責任でお願いします。

<追記>
このカレーについてのレビュー記事を見つけました。

サロベツベニソン『サロベツSUPER激辛カレーLEVEL7』ドラマー涼の激辛ブログ『Eat with fire!』

食べてみます。
お、これはけっこう辛いぞ。
一口目から辛味がきます。
これはおそらく『18禁カレー』や『』Lee40倍』クラスの辛さだと思います。
これくらい辛ければ一応は『激辛』と謳っても差し支えないくらいは辛いです。
所謂激辛入門レベルです!

ということで、感想が似ているところもありますが、この記事を書かれた藤崎さんはかなりの激辛好き(つい先日マツコの知らない世界の激辛麻婆豆腐の回に出演されていましたね)のようで、このカレーは辛さレベル4に分類されている一方、レベル5や6の商品もレビューされています。

辛味が苦手な私としては恐ろしくてなかなか手が出ません。

いやー上には上があるのですねー。

※上のブログにも書かれています(ベテランの方には常識だと思います)が、ただ単に辛いだけならジョロキアなどのエキスを濃縮して大量にかければいいだけなので、旨味とセットで楽しめることが大前提ですし、当日の体調や気分によって感じ方が違い、以前は大丈夫でも今回はダメということもよくありますので、辛味を楽しまれる場合はくれぐれもご注意ください。