GWにポートフォリオの整理

N853_mushitoriamiwomotudansei_TP_V4.jpg

はじめに


今年のゴールデンウィークは、買い物などで少し外出したほかは、家で過ごすことが多かったです。

多少時間もできたので、ポートフォリオの方も少し整理しました。

【企業価値を最大化せよ!】人生ゲームM&Aの紹介

IMG_0934.jpg

はじめに


人生ゲームにはいろいろなバージョンがありますが、実は堀江貴文(ホリエモン)氏ほか監修のバージョンがあるのをご存じでしょうか?

実は私は2006年のライブドアショックのときに「入手不可能になるかもしれない」と思ってとっさに注文したためこれを持っているのですが、今回はこの人生ゲームについて紹介したいと思います。

2018年4月末のアセットアロケーション

201804.png

恒例の資産棚卸し、アセットアロケーション2018年4月分です。

例によって、グラフの作成にはバリュートラストさんのアセットアロケーション円グラフメーカーを使用させていただいています。

2018年は4月に入って2月3月よりは若干落ち着いた印象です。

このまま安全安心で行くのでしょうか。

そんな4月には、すいさくファンドの若干の買い増し、新興国株ETFの買付のほかはいつもの積み立てを行いました。

※すいさくファンドとは、私がサテライトで運用している日本個別株式+J-REITからなる資産につけた愛称です

すいさくファンドに組み入れていた山崎製パンについては、もともとディフェンシブ銘柄として期待していましたが、しばらく低迷していた後、ここに来て年初来最高値を更新したことを機に売却しました。

新興国株式に関しては、i-mizuho東南アジア株式インデックスファンドの代替として、EIDO、EWM、THDを買い付け、さらにもともと保有していたEPIやFMと合わせてもともと想定していた水準まで近づいたため、ここでいったん買付は休止することにしました。

先進国株式に関しては、値下がりしていたブラックロック(BLK)をこっそり買い付けました。

この結果、国内株式と新興国株式が微減、先進国株式は微増となりました。

国内株式の割合はまだ大きいので、想定以上に値上がりした、あるいは役目を終えた個別株については売却も考えています。

現金割合は先月に引き続き小さいです。

生活防衛資金ほかの無リスク資産は別建てで保有していますが、余計なことをしないように、投資待機資金として口座を移すのはまだ止めておきます。

ほかの点についてはまずまず順調だと思います。

4月は比較的安定した1ヵ月だったと思いますが、さてさて来月はどうなるのでしょうか。

また来月振り返ってみたいと思います。

すいさく春の断捨離まつり すいさくファンドの2018年3月までのパフォーマンス

023ELLY18412_TP_V4.jpg

はじめに


すいさくファンド(愛称:サボテン)の2016年10月~2018年4月分パフォーマンスです。

※すいさくファンドとは、私がサテライトで運用している日本個別株式+J-REITからなる資産につけた愛称です

2018年4月の株式市場は、南北朝鮮首脳会談もあり、いわゆる地政学リスクも後退したことから比較的安定していたように思います。

それでは、すいさくファンドの調子はどうだったのでしょうか?

以下に詳しく見ていきます。

【辛味の勝利】SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2018年3月分

スパイスと言えばマコーミック

恒例のSMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチ2018年3月分です。

まず、基準価額は前月比-406円の11,767円、純資産総額は-0.21億円の5.91億円となっています。

先月に引き続き基準価額、純資産総額ともに下がっています。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で-0.03%、3ヵ月で-0.02%、6か月で-0.15%、1年で-0.43%、設定来で-1.17%と、前回(1ヵ月で0.06%、3ヵ月で-0.02%、6か月で-0.17%、1年で-0.48%、設定来で-1.18%)とほぼ変わらずですね。

ここに来て、かなり運用が安定してきたように感じます。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1MCCORMICK & CO-NON VTG SHRS食品・飲料・タバコ2.12%
2S&P GLOBAL INC各種金融2.08%
3GRAINGER (WW) INC資本財2.07%
4CINTAS CORP商業・専門サービス2.06%
5ROPER TECHNOLOGIES INC資本財2.02%
6ARCHER-DANIELS-MIDLAND CO食品・飲料・タバコ2.02%
7GENERAL DYNAMICS CORP資本財2.01%
8ECOLAB INC素材1.99%
9HORMEL FOODS CORP食品・飲料・タバコ1.99%
10AFLAC保険1.97%

となっています。

先月まで2か月連続で組入比率1位だったアッヴィーはランク外。

代わりに1位になったのは、マコーミックです。

ついに、辛味が天下を取りました!!

個人的には、マコーミック(MKC)はかなり魅力的な銘柄だと思っているのですが、このところずっと好調でなかなか手が出ません。

しばらくは配当貴族インデックスオープンで我慢することにします。

ほかは、今回は食品・飲料・タバコが多かったですね。

最近のフィリップモリスの決算ショックなどでタバコ産業に関しては悲観的な空気が強くなっていますが、来月はどうなるのでしょうか。

今後も楽しみにウォッチしたいと思います。