『マネーの公理』を読んで改めてリスクについて考えてみた

TSURU170211-032_TP_V.jpg

1.はじめに

最近『マネーの公理』を読みました。

スイスの資産家の間で信じられているという12の「公理」を逸話とともにわかりやすく説明している本です。


詳しい内容については以下の書評が詳しいので、そちらに譲ることにしますが、この本の内容は私の考える投資スタイルとはかなり違うものの、ふと考えさせられることがありました。

『マネーの公理』(マックス・ギュンター)を再読(【L】米国株投資実践日記(旧称:レバレッジ投資実践日記))

2.全ての投資は投機である

この本で印象に残った箇所の一つは、第一の公理「リスクについて」の以下の部分です。

投機家というと、荒っぽく、軽率なチャンスを求めて駆り立てる者たち、といった印象が強いかもしれない。だから、あなたは投機家ではなく投資家でありたいと考えるかもしれない。投資家であるほうが、たしかに安全そうに聞こえる。(『マネーの公理』)

しかし実際には、何ら違いはない。(中略)「すべての投資は投機である。唯一の違いは、ある人はそれを認め、ある人はそれを認めないことだ」(『マネーの公理』)


実は、私は投資と投機(あるいはギャンブル)はゼロサム(あるいはマイナスサム)かどうかで区別されると考えて、以下のような記事を書いたこともあります。

投資とギャンブルの本質的な違いは?(サボテンのように資産を育てるブログ)

この考えは今でも変わっていませんが、『マネーの公理』で指摘されているように、「リスクがない投機(投資)はない」「ほとんどの人は、(投資と投機を区別することによって)自分でそうしたリスクを認識することなく投資を行っている」(カッコ内はすいさくによる追記)という指摘には耳が痛いものがあります。

3.全ての投資にはリスクがある

インデックス投資を含め、もちろん程度の違いはあっても全ての投資にはリスクがあります。

逆に言うと、リスクがあるからこそ、これらの投資は、預金などのいわゆる安全資産よりも高いリターンを得られる可能性があるということになるでしょう。

私は「投機」という言葉にはやはり抵抗があるので、今後も「投資」と「投機」は区別するつもりですが、

たとえ「投資」を行っていたとしても「投機とは違うから安全だ」と考えるべきではないということ

こそが「第一の公理」の意味することだと感じました(ベテランの方には当然すぎて書くまでもない話だろうと思いますが)。

4.リスクがあるのだから、資産が0になる可能性だってある

考えてみると、これほど明確ではないものの、自分でも同じようなことを感じていたことに気づきました。

よく、リスク許容度の説明で

「2σまでの下落は考えておきましょう」

「σ=0.15とするなら、年率30%くらいの下落までは十分にあり得る」

と言われますが、これは、あくまでも正規分布を仮定すれば約95%の確率でリターンの年率が2σの範囲に収まるということであって、残り約5%の確率ではそこからはみ出すこともあり得ます(このあたりの注意点については梅屋敷商店街のランダムウォーカーさんの「資産配分(アセットアロケーション)で勘違いしやすいポイント」が参考になります)。

しかし、さらに良く考えてみると、正規分布を仮定する限り、確率分布の裾は上下に無限に広がっているわけですから、

資産をほぼ全額失う

確率は(ものすごく小さいと思われますが)絶対に0にはなりません(正規分布以外の分布を仮定しても結論はあまり変わらないでしょう)。

考えてみれば、その辺を歩いていても事故に巻き込まれる可能性もありますし、家の中にいても地震が来るかもしれませんし、そもそも隕石が降ってきて地球の半分が壊滅してしまうかもしれません。

よく「投資は余裕資金で」と言われますが、これを深読みすると、単に年率2σの下落に耐えられるというだけではなく、ほとんど無視できそうなくらい小さい確率かもしれないとは言え、投資資金のほとんど全てを失う可能性もないわけではないという意味(初心者にいきなりそう言うと投資に踏み出せなくなるので言わないだけ)のような気がしますし、少なくとも私はそのつもりで資金を投じています。

というか、『マネーの公理』を読んでそのことに改めて気づきました。

5.最初から想定しておけば怖くない(と信じたい)

個人的にはこう考えると楽になりました。

「今、リスク資産に投じている資金が(ほんのわずかの確率とは言え)いきなり0になったら」

と自問してみると、生活防衛資金があるとは言えかなり厳しいですが、なんとかやりくりできなくはないように感じます(将来は、学生時代のように、大なべでもやしスープを作って食べる毎日になりそうですが)。

そう考えると、どんな大暴落が来てもそれよりはましです。

レバレッジをかけていない限り、資産が0より小さくなることはないわけですから。

また、こう考えることは狼狽売りを防ぐことにも役立つかもしれません。

なにせ、リーマンショックが来ようが、世界恐慌が来ようが、ドットコムバブルが来ようが、さすがに資産が文字通り0になることはまずないわけですから、売るだけ損です。

そういう意味では「すっごく小さい確率かもしれないが、資産を全部失って無一文になったら」ということを頭の中で一度シミュレーションしてみるのは無駄ではないのかもしれません。

なお、これが極端に流れると、今度は「資産が0になってしまえば同じだからどんな投資をしても良い」になってしまうかもしれません。

しかし、もちろん私はそう考えているわけではなく、2σルールや適切な分散投資などにより十分にリスクコントロールをした上で、なおそこから外れる可能性をリアルに想像しておくことも悪くないんじゃないかというのがこの記事の趣旨です。

6.おわりに

そんなわけで、今回、『マネーの公理』を読んだことをきっかけに開き直ってみましたが、この本の原書の初版の出版年は1985年のため、今読むと古さを感じる記述があります。

たとえば、「投機でなく投資だから安全だ」と勘違いして失敗した例として1971年に高値をつけた後株価が低迷していたGMが挙げられ、「(当時の)超優良株中の優良株であるIBMでも安全とは限らない」というようなことが書いてあるのですが、

IBM、25年前(この本の出版された直後)はオープン化とダウンサイジングに乗り遅れてだめだったじゃん!

IBM、今もアマゾン、グーグル、マイクロソフトに押されてまただめじゃん!(一応ホルダーです)

というわけで、個別株式のリスクはインデックス投資とは多少違うとは言え、「優良資産への投資だから安全」という言葉が一人歩きしてしまうことにはくれぐれも気をつけたいと個人的には感じました。

なお、この本では「長期投資を避けよ」など私の考えと若干違うことも書いているので、それを自分の中でどう整理すべきかは今も考えているところです(おそらく、この資産は絶対安全だから、愛着があるから、という理由だけで資金を引き揚げるべきときにそうしないことを戒めているのだと思います)が、それについてはまた別の機会に。

資産の整理を(ちょっと)した

YUKA_YUKAhon15194849_TP_V.jpg

先日、リバランスも兼ねていろいろな資産を整理しました。

アクティブファンドの処分

まず、アクティブファンドとして少額保有していたひふみプラスと新生UTIインドファンドを全売却しました。

既に先日大部分を売却して残りは数万円という感じでしたが、

・SMT JPX日経中小型株インデックス・オープンも積み立て始めたこと
・インド株も好調すぎるくらい好調(割高)だと感じたこと

でそろそろ役割は終わったと判断しました。

新生UTIインドファンドの売却分はeMAXIS Slim新興国株式インデックスに充てました。

今後米国で利上げが進むと新興国株式は値下がりする可能性がありますが、もともと新興国株式の割合は少なかったので、ここは大きくいじらないことにします。

米国株式の一部売却

かねてから、どちらにするか迷ってVOOとVTI、HDVとVYMの両方を保有していましたが、

・VTIとHDVを継続保有することに決めたこと(理由はこちら
・株式クラス全体の割合が増えたため、バランスを取ろうと思ったこと
・勢いで買ってしまったハイテク銘柄の一部を処分しようと思ったこと

で、VOOを228ドルで全売却し、VYMとAMDに売りの指値を入れています。

もしかしたら、このまま調整が入って一部売却しそこねるものも出てくると思いますが、そこはあまり気にしないつもりです。

売却してできた資金はとりあえずそのまま投資待機資金として置いておく予定です。

大分すっきりしたが

今回は、このところの上げ相場で株式クラス全体の割合が増えたこともあり、思い切って断捨離しましたが、投資を始めた直後は興味が散漫でいろいろなファンドを買っていたため、まだまだ保有資産はごちゃごちゃしています。

特に、先進国はニッセイ、たわら、新興国はFunds-i、たわら、全世界で三井住友全世界海外株式と何種類も持っているので、どこかの段階でもっとすっきりさせたいと思っていますが、乗り換えには税金や手数料がかかるため、こちらのタイミングはもうしばらく考えてみたいと思います。

ひかりTVをHuluに変えた話

sayapon20151005402218_TP_V.jpg

1.はじめに

私は、最近はほとんど地上波を見なくなりました。

見るのは、鉄腕DASHとブラタモリ、代表戦くらいでしょうかね。

気が短くなってきたのか、バラエティーの進行の遅さ、VTRの使いまわし、ひな壇のタレントの掛け合いのだるさにどうにも我慢できなくなってきたのです。

その代わりに最近までひかりTVを契約していたのですが、固定費用の削減も兼ねてHuluに変えたので、今回はこのことについて書いてみます。

2.ひかりTVとは

詳細は公式ページを見ていただくとして、インターネットを使ってストリーミングとオンデマンドでテレビ放送・映画・ビデオの視聴が楽しめるサービスです。

うちは、約50チャンネルが見られるテレビおすすめプランに入っていました。

・基本料金2500円
・チューナーレンタル料500円
・消費税

などを合わせて月

約3000円(税込)

かかりました(最近は2年間契約することを条件に1000円安くなるようです)が、海外ドラマやナショナル・ジオグラフィックチャンネル、TBSニュースバードなどのニュース専門チャンネルなど質の高い番組が見られるので満足でした。

3.Huluもすごかった

そんなある日、Huluのことを聞いて無料体験をすることになりました。

Huluは、オンデマンドのビデオ・映画を中心にPC、タブレット、スマートフォンなどで楽しめるサービスで、なんと月額

税抜933円(税込1008円)

とひかりTVの1/3です。

料金の安さは魅力でしたが、サービスが始まった当初は基本的にオンデマンドで、ニュースなどのストリーミングには対応しておらず、見られるビデオも旧作が多かったので、あまりよいイメージはありませんでした。

とりあえず無料期間だから、と試してみると、意外と見たいと思うドラマや映画が配信されています。

さらに、「リアルタイム」というメニューがあることに気づきました。

なんと、いつの間にかオンデマンドだけではなく、以下のようなストリーミング配信のサービスも開始していたようです。

・MTV
・FOXチャンネル
・ナショナル・ジオグラフィックチャンネル
・BBCワールド(日本語版・英語版)
・CNN US
・日テレニュース24

ひかりTVが気に入っていた理由の一つはニュース専門チャンネルやナショナル・ジオグラフィックチャンネルなどが見られることでしたが、なんと、見たかったチャンネルがほとんど入っています。

特に、CNNはひかりTVでは見られず、料金(約2000円)を払って追加で見ようかと思っていたところだったので、それがほかのサービスと全部合わせて1000円ほどで見られるHuluは魅力的です。

さらに、ひかりTVで良く見ていたロイターの米国市場ニュースがロイターのウェブサイトでも見られることも分かりました。

これで、ひかりTVを選ぶ理由がほぼなくなってしまいました。

4.ひかりTVさん、さようなら

というわけで、かれこれ7年ほど利用していたひかりTVとの契約を切り、チューナーも返却して、Hulu一本にしました。

唯一の欠点は、タブレットやスマートフォンで見るのは簡単ですが、Huluはテレビで見るのが少し不便であることです。

これを解決するために、現在Amazon Fire Stickの購入を考え中です。



現在、自分のニーズに合うかどうか情報を集めているところですのが、DAZNでJリーグの試合も見ることもできたりするので、悪くない選択なんじゃないかと思っています。

もし使用しているという方がいらっしゃったら、ぜひ感想を教えてください!

これで多少固定費の削減はなりましたが、まだ携帯電話という大物が残っています(最近携帯の調子が急に悪くなり、端末はiPhoneと決めていたので割高なのを承知で大手キャリアにしてしまいました)。

契約が若干残っていますが、どのタイミングで切り替えるのがいいか少しずつ考えるつもりです。

今月は苦戦?すいさくファンドの2017年7月までのパフォーマンス

161007-265_TP_V.jpg

すいさくファンド(愛称:サボテン)の2016年10月~2017年7月分パフォーマンスです。

※すいさくファンドとは、私がサテライトで運用している日本個別株式+J-REITからなる資産につけた愛称です

ここ1ヵ月ほど日経平均は横ばいの動きが続いていましたが、すいさくファンド(仮)のパフォーマンスはどうだったのでしょうか。

まずは、月末における累積リターンの比較です。

suisaku1707.jpg

すいさくファンドはジグザグな動きをしていますが、この間に日経平均もTOPIXも猛追しています。

過去1ヵ月の日次データ(記録している分だけ)はこんな感じです。

monthly1707.jpg

ベンチマークおよびすいさくファンド(仮)の6月末における累積リターンは以下の通りです(カッコ内は先月末の累積リターン)。

すいさくファンド(仮) +24.32% (+27.80%)
TOPIX +22.36% (+22.78%)
日経平均 +21.13% (+22.92%)

TOPIXと日経平均はほぼ横ばいでしたが、この1ヵ月すいさくファンドは一人負け。

一時は5%以上あった差も、先月じわじわ縮まり、特にTOPIXとは7月末の段階で約2パーセントまで差が縮まっています。

これは、第一生命HD、日産自動車、など組入比率がトップクラスの銘柄の不振に加え、バリューコマースやコシダカHD、シャープのように、これまですいさくファンドをけん引してきた中堅どころのボラティリティがここにきてかなり増していることが理由だと思われます。

先月は先月で出来すぎだったので、こういうときもあると思います。

上位組入銘柄は業績がそれほど悪いわけではないので、長期的なパフォーマンスに期待です。

また、組入比率上位銘柄は以下の通りです(7月31日時点、カッコ内は先月末の組入比率)。


銘柄名7月末の組入比率6月末の組入比率
1第一生命HD(8750)23.68%26.06%
2日産自動車(7201) 14.26%15.10%
3ジャパン・ホテル・リート(8985)9.88% 10.22%
4バリューコマース(2491)8.49%9.01%
5コシダカHD(2157)5.94%5.79%
6シャープ(6753)4.81%5.36%
7山崎製パン(2212)4.12%4.32%
8カシオ計算機(6952)3.81%3.78%
9良品計画(7453)3.49%3.61%
10エックスネット(4762)2.78%2.76%


上位組入銘柄の株価が下がったこともありますが、上位への極端な集中が減ったことは前向きに捉えたいものです。

先月末のすいさくファンドは苦戦する場面も多かったですが、さてさて来月はどうなるでしょうか。

これからも、サボテン栽培のノリで気長にウォッチしたいと思います。

なお、この記事は同様の投資法を推奨するものではありません。

くれぐれも投資は自己責任でお願いします。

2017年7月末のアセットアロケーション

1707.png

恒例のアセットアロケーション、2017年7月分です。

例によって、グラフの作成にはバリュートラストさん(最近相互リンクさせていただきました!)のアセットアロケーション円グラフメーカーを使用させていただいています。

7月はほぼ毎月の積み立て分で終わったため、あまり大きな動きはありませんでした。

ただし、SMT JPX日経中小型株インデックス・オープンの積み立てを少額だけ開始し、先日の決算がイマイチで株価が下がっていた3Mを198ドルで少額だけ買い付けました。

これにより、現金の割合が少し減り、国内株式・先進国株式・新興国株式がそれぞれ微増しています。

特に、新興国株式の割合は少しずつ増えています。

新興国に関してはこの調子でじわじわと増やすつもりです。

今月まではたわら新興国株式を積み立てていましたが、来月からeMAXIS Slim新興国株式に切り替えるかどうか思案中です。

特に、新興国株式のインデックスファンドはこれまでのファンドの信託報酬率がどうしても高めだったので、Slimの低コストにはかなり魅力を感じています。

また、日本株式は思ったより増えてきたので、リバランスする必要があるかもしれません。

特に、SMT JPX日経中小型株インデックス・オープンとかぶってしまうひふみプラスは私にとってはそろそろ使命を終えた可能性もあります。

最初の頃に保有していて、間違えて売却せずにいた新生UTIインドファンドも、ここ半年でかなり値上がりしたので、売却して新興国のインデックスファンドに一本化しようかとも考えています。

しばらく投資を続けてきて、少しずつ自分に合うスタイル・合わないスタイルが分かってきたので、そろそろ保有資産を整理してシンプルにするときが来たのかもしれません。

この辺りはもう少し考えてから結論を出すつもりです。

アセットアロケーションの画像が溜まったら、どこかの時点でGIFアニメで変遷が分かるようにしたいと思っていますが、実現したら(少なくとも私には)楽しそうです。

なお、生活防衛資金や家族の保有資産などはこの中に入れておらず、あくまでも私が「運用」している資産だけに限っているのでご注意ください。